投資で「勝つ為に」必要なことを!!

いっしーの30日間、「無料メルマガ」始めました!

仮想通貨リスク(LISK)の今後・将来性と購入方法まとめ

 
リスクre
この記事を書いている人 - WRITER -
いっしーFX
黒ラブをこよなく愛するFX専業トレーダーいっしーです。師匠のプロトレーダーヤスと出会い弟子入り。現在は、100人を超える、FXスクールFTAのサブ講師&アシスタントをしながら自身のトレードスキルをさらに向上中~。様々なFXトレーダーさんと出会っていく中、自らの視点でもFXトレードに関することをお伝えしていきます。

仮想通貨イーサリアムの値上がりとともにリスクも値上がりしていた時期がありました。

しかし、リスクはひとつの価値ある通貨として認知されてきています。

リスクのイーサリアムにはないシステムとプログラミングを良いモノに書きかえることのできるリスクは、
インターネットの技術者の多いインドでは、人気のある仮想通貨のひとつです。

まずは仮想通貨リスク(lisk)とはなに?

仮想通貨リスク(Lisk )とは、イーサリアムと同じスマートコントラスト技術を使っています。
★スマートコントラストとは、契約の自動化を行うことの出来る機能です。契約を自動的に実行して保存してくれます。

取引で行われた全ての契約内容が、ブロックチェーンに書き込まれます。
スマートコントラストのシェアは、イーサリアムが圧倒的ですが、イーサリアムにはない特徴が、リスクにはあります。


それは、サイドチェーンと呼ばれるモノです。


アプリケーション上にもうひつとのブロックチェーンが用意してあります。
問題が発生してした時に、開発者がコントロール出来るのが利点です。


イーサリアムはハッキングされて、分裂してしまいました。
そのような問題に対処しやすい特徴があります。リスク通貨はビットコイン2.0と呼ばれる通貨のひとつです。


イーサリアムより取引の価格が安いということ、またこれからまだバージョンアップしていく予定があり期待があります。
リスクは、分散型アプリケーションプラットホームです。


プラットフォーム内で利用出来る通貨名を「LISK(LSK)」といいます。
*総発行枚数は無限(インフレ通貨)に設定されています。
ここがビットコイン等の仮想通貨と違うところです。

リスク(LISK)の3つの特徴

①スマートコントラクト(契約情報)の記述言語に、web技術でメジャーな「Javascript」を採用していることです。

②アプリケーションの基盤にサイドチェーンを使用していることです。

③DAppsで立ち上げたブロックチェーンの承認システムを開発者が自由にカスタマイズできることです。


*世界的に有名なjavascriptを採用しているため、開発者が使いやすいというメリットがあります。
他の暗号通貨と違いプログラミングを簡単に書きかえることができます。


そこが、リスクのメリットでもあり、デメリットでもあります。
リスクは、イーサリアムと同じ分散型アプリケーションと言われるプラットフォームになります。


このプラットフォームで様々なサービスを行うことができるのが特徴です。
リスクは、ビットコインのブロックチェーンの応用でビットコイン2.0とよばれています

ビットコイン2.0系とは何?

ビットコイン2.0は暗号通貨の進化形として考えている人がいますが実際は違います。
(ビットコインがバージョンアップしたモノではない)


ビットコインで利用されているブロックチェーンを応用することで、本来の通貨としての目的とは別の機能を持たせようという考え方です。
リップルやイーサリアム、そして、リスク通貨などがビットコイン2.0と呼ばれています。
企業間取引や銀行、株取引が将来的には暗号通貨の仕組みを使い変わってくる可能性があります。

 

リスクのサイドチェーンとは

リスク サイドチェーンとは、複数のブロックチェーンの間で仮想通貨のやり取りを行い、様々な機能を実装しようとする技術です。
サイドチェーンのメリットは、性能性の向上と送金時の処理能力の向上です。


また、複数のブロックチェーンを使用しているため、ハッキングなどのセキュリティ面で従来のものより向上しているというメリットがあります。
この、サイドチェーンと言われる仕組みが、イーサリアムと違っています。

リスクの時価総額は、15位と上位で投資しやすい仮想通貨のひとつです。(2017年10月)

 

仮想通貨リスク(lisi)の特徴

リスク(lisk)のアップデートはいつ?

□アップデート

2017年9月にリスクのアップデートを行うことを発表していました。
リブランディングと似たような概念ではあります。
これからも、アップデートによりリスクの欠点を改善し、機能・性能の大幅な向上が見込める可能性に期待をしています。

*リスクのアップデートは2017年12月に延期になりました。

リスク10.0に期待が高まります。

 

仮想通貨リスク(lisk)の今後と将来性は

まず、リスクはマイクロソフトのクラウドサービス「Azure」のシステムに、リスクの機能を取り入れるという。

マイクロソフトがリスクと連携したということが、メディアに取り上げられたことがあります。

*現在「Azure」は完成しています。

2017年8月にインドのビットコイン取引所BitBayにリスクが上場しました。

また、リスクの開発者がより、リスクが認知されるように、マーケティングや広告に力を入れています。

◇公式HP https://lisk.io

◇ウォレット(wallet) https://lisk.io/download

9月に2017年9月にリスクが「リブランディング」をすることを発表しています。
*リブランディングとは、現在までのリスクというブランドを再度構築して、より効果的なブランドにすることを意味します。


リスクは、これから益々、大きな改革を行なっていくことでしょう。
仮想通貨としての存在価値も大きく高まることが見込まれています。
そして、リスク(LSK)の価格も高騰していくものと思います。

・リップルの将来性・今後についても知りたい方はこちら
・ビットコインキャッシュの将来性・今後について知りたい方はこちら
・イーサリアムの将来性・今後について知りたい方はこちら

・ネムの将来性・今後について知りたい方はこちら
・リスクの今後・将来性について知りたい方はこちら

・モナコインの将来性・今後について知りたい方はこちら
・ライトコインの将来性・今後について知りたい方はこちら
・ダークコインの将来性・今後のついて知りたい方はこちら

 

仮想通貨リスク(lisk)を購入できる取引所は

リスクは、国内ではビットコイン取引所のビットフライヤーで購入することができます。
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

時価総額も高く、安定した値動きをしている仮想通貨リスク、まだこれから様々な分野で実際に使われる通貨です。

仕込むのなら早いうちに。

*2018年1/26にコインチェックでNEMのハッキング事件が発生したので、
コインチェックをおすすめから外しました。

 

まとめ

リスクは、今後もより実用的なコインとして、実際に使用されることがあれば、さらなる値上がりの可能性となる仮想通貨のひとつです。

イーサリアムにはない、サイドチェーンの技術が見直されています。

今までの「対面」でのFXスクール活動を通じて身につけた、
「実践的なトレードノウハウ」を無料メルマガで配信することにしました。


私、いっしーのFXで勝てない時から、
今に至るまでの実体験を基にお伝えします。

総数37000文字にもなる、
「30日間の」無料メルマガです。

是非、日々のトレードに役立ててください。

質問も受け付けてます(^^)/

30日間の無料メルマガ (2)

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いっしーFX
黒ラブをこよなく愛するFX専業トレーダーいっしーです。師匠のプロトレーダーヤスと出会い弟子入り。現在は、100人を超える、FXスクールFTAのサブ講師&アシスタントをしながら自身のトレードスキルをさらに向上中~。様々なFXトレーダーさんと出会っていく中、自らの視点でもFXトレードに関することをお伝えしていきます。

Comment

  1. マナ より:

    アプリケーション上にもうひつとの

    間違っとるぞ、修正しろ

  2. 森部昌広 より:

    暗号通貨に関する全ての記事を読ませていただきました。とても分かりやすくまとめていらっしゃいますので、理解もスムーズに進みました。なかなか一般には出回らない情報も沢山入っていましたが、どのようにして元ネタにアクセスなさっていらっしゃるのですか?

    • いっしーFX いっしーFX より:

      特に特別な情報を持っているわけではなく、暗号通貨関連の「ニュース」や他の方の「ご参考になるブログ」、そして実際に「自分で暗号通貨の売買を行っての経験」から記事をまとめさせて頂いてます。
      すべての内容が最新で正しいものになっているとは思っていませんが、できるだけ正しい情報かつ丁寧に、初心者の方にわかりやすい内容で情報を配信していければと思ってます。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 投資fan | FX・投資 , 2018 All Rights Reserved.